もう台風は嫌だ

二週連続で、台風がやってきた。こんな経験、今までにない。1つめは強風域には入ったけど 、そんなにひどくなかった。

問題は2つめだ。進路が少し北よりになったため、今回は暴風域に入りそうだ。勢力が衰えたとはいえ、最大風速は35メートル。普段は穏やかな地域ということもあり、やってくる前から不安に思っていた。

前日から雨が降り始め、風も強くなった。台風から離れていても油断はできない。天気予報もこまめにチェック。次の日の電車の運休を決めるくらいだから、進路がずれることは無さそうだ。風が強く吹く範囲も広そうだ。

台風当日、徐々に雨風が強くなってきた。午後には、外に出るのが危険なくらいになった。 電車もとまり、外を走る車もほとんどいない。怖いくらいに雨戸に雨が打ちつけられ、暴風が吹き荒れている。

恐怖心を紛らわすため、レンタル中のDVDを見ることにした。しかし、外の音がうるさすぎる。恐怖心は紛れるどころか、どんどん膨れあがる。全く集中できず、内容も頭に入ってこなかった。

風が少し収まり、台風はどの辺りを通過中なのかとニュースにチャンネルを変えた。なんだか、テレビの電波が弱い。この天候のせいだと思っていると、数十分でうつらなくなってしまった。仕方がないので、またDVDの続きを見ることにした。明日になれば映るだろう。

次の日、まだテレビがうつらない。アンテナ受信強度が0…。修理を頼むしかない。さっそく電気屋さんに電話をした。台風の次の日だったからなのか、混んでいるため2日後の修理となった。テレビのない生活は、なんだか寂しい。DVDを見て過ごした。

ようやく、修理が完了。ブースターの蓋が外れてしまったのが、原因だったようだ。2日ぶりのテレビは、なんだか新鮮だった。でも、もう台風は勘弁してほしい。

住宅ローンフラット35

息子の成長

私には10ヶ月になる息子がいます。彼はズリバイをする時期まで、周りの子より少し成長がゆっくりでした。しかしズリバイをし始めてから、周りを追い抜くように成長が活発化し始めすごい急成長を遂げています。
9か月には伝い歩きをすごいスピードでし始めました。立ったり座ったりも、物を使ってですがすんなり出来ました。
10ヶ月に入った時、2歩歩きました。これは人見知りの彼がおばあちゃんに抱っこされ、ビックリして泣きながら私の元に歩いてきたので、まだ本当にこれ一回きりです。「アルプスの少女ハイジ」のクララが立った時の心境と同じだったのではないかと思っています。
最近は高い所に手を伸ばして物を取ったり、椅子や机などに登って行ったりと行動範囲が格段と広がりました。
そして音楽が聞こえてきたら絶対にそちらを向き、音に合わせて体を揺すったり手を叩いたり「あーあー」と言ったりします。
今まで言葉を理解している感じは全くしなかったのですが「バイバイ」と言うと手を振るようになりました。私には「おいでおいで」の仕草に見えるのですが彼にとっては「バイバイ」なのでしょう。それがまたかわいいと思う私は親バカですね。
食事も変わってきました。離乳食を5ヶ月のころに始めましたが、彼はあまり興味を持たず一口食べてはもういらないと顔を背け、大好きなおっぱいを飲んでいました。ちょっとずつ食べる量は増えつつも8ヶ月頃まで続いていたと思います。9ヶ月になり、離乳食も3回食になる頃食べる量は増えたので喜んでいたのもつかの間。今度は便秘になり苦しんでいます。踏ん張ってもうんちが出なくて泣くのです。ある晩、何度も何度も踏ん張る素振りを見せるのですがオムツを見てもうんちはありませんでした。そして踏ん張っては泣くのです。踏ん張っている時にお尻を見てみるとうんちが肛門から覗いているのに自力で出せず苦しんでいるようでした。私は大慌てで悩み相談室に電話しました。夜間の病院に急いで行き、浣腸し全て出してもらいました。あの時は必死でしたが今思うと慌てすぎている自分に笑いが出ます。
これからも色んな事が起こると思いますが全てが楽しみです。

ドレス通販

ダイエット

以前からダイエットマニアでいろんなダイエットをやってきた。リンゴダイエット、朝バナナダイエット、漢方、納豆ダイエット…運動嫌いな私にはウォーキングやジムに通って汗を流して筋力をつけるなんてことがどうしてもできなく、ストレッチすら続かない。ダイエットのテレビや本を買いあさり片っ端から試すのだがどれも中途半端で。それがつい半年前、なんと人生で初めて5キロ痩せたのだ!その方法はと言うと…食事制限ダイエットである。私はかなりの砂糖依存性なのだが今、テレビでよく見る南雲クリニックの南雲吉則先生の考案した空腹ダイエットに洗脳され、空腹のもたらす健康への影響の素晴らしさを知った。今までのダイエットは見た目ばかりを気にして痩せなきゃ痩せなきゃと頑張っていたが人間は見た目だけの目標では頑張れないことに気付いたのだ。健康になりたい、健康でハツラツと暮らしたい、健康を手に入れる為にはまず体の内側から健康にならなければいけない。太っていると糖尿病、高脂血症、高血圧、などいろんな病気を発症する。これからドンドン歳をとるにつれて代謝も悪くなり若い時と同じ物を食べてても太ってしまう。さあ!今こそ、立ち上がるべきだ!まずは自分が一番大好きな甘いものを立ちきろう!と、この砂糖依存性の私がお菓子を一切口にしなくなって見る見るうちに…とは言っても5カ月かかったが5キロ痩せたのだ!ところが長女が焼きたてパン屋に就職してから毎日焼きたてパンの廃棄物を無料で貰ってくるようになり貧乏性の私は残してはもったいないとばかりに毎日それを貪り、今1.5キロリバウンドしたわけで…。やはり好きな物を制限するのは並大抵のことではないと骨身にしみたわけで。ダイエットはこの先も永遠のテーマになりそうだ。

 

柏市明原交通事故むちうち治療

X線CT臨床実習

今日は大学でX線CTについて臨床実習をしました。これまで大学で2年半放射線について勉強してきて、今日初めてまともにX線CTに触り、操作し、実際に撮影しました。頭部、頸部、胸部、腹部、骨盤領域をそれぞれファントムという人体模型を使って撮影しました。ファントムはなんと80万円のものと130万円のものでした。一つ欲しいです。

 
撮影条件や撮影位置を変えて撮影すると、同じ部位を撮っていても、画質が全然違ったり、目的のものがよく見えたりして、覚えることがまだまだたくさんあるんだなと思いました。
骨盤領域の位置決めのとき、実際の診療でも恥骨結合を触るんだ、と教授に言われてみんながそれぞれ自分の股の恥骨部分を触っている場面があり、客観的に見たらとても面白かったです。

 

実際には、患者さんの恥骨を触らなければならないので、事務的にしなければセクハラなどと言われる可能性があると言われました。将来、仕事として対人撮影になると、いかに綺麗な撮影ができるかだけでなく、いろいろなことを考えなければならなくなってくるので、放射線技師も大変だなと思いました。

 
新しいX線CTを今年から導入したので、教授も操作が曖昧で困っていて可愛かったです。ボタン押したら機械が全部やってくれるから臨床実習のためには古いX線CTの方が良かったんだけどね、とぼやいておられました。

 
最後にX線CTのカバーを開けて、ガントリ部分を見ました。私達の班で初めて開けました。開けるのも閉めるのも大変で来週からの実習の班はもうやめようね、と言っておられました。でも開けたらとても感動したので、最初の班でラッキーでした。これを見られない班はとても残念だなと思います。